ここでは肺水腫の手術について、詳しく説明しています。

肺水腫の手術は、肺に溜まった水分を直接的に抽出する方法です。肺に溜まった水が多く、利尿などの代謝だけでは改善が出来ないと判断された場合に適応されます。
腋の下辺りから注射を刺し、溜まった水を抜き取る方法です。麻酔も使うことなく、時間も数分から数十分ほどで終わります。針が刺さっている間は呼吸時にチクチクとしますが、手術自体の負担はかなり少ないので安心して受けることが出来ます。


sponsored link




しかし肺の機能が一度壊れてしまった場合は元に戻ることはありませんから、健康で正常な他人の肺を移植する手術をすることもあります。
成功すれば正常な肺が手に入るわけですから、症状も軽くなり日常生活を送ることも夢ではなくなります。しかし臓器提供には色々な制限もあり、実質日本ではまだまだ実例も少ないのが現状です。

さらにもう一つ、壊れた肺胞のみを切除してしまう方法があります。残った肺で切除した分の機能の埋め合わせをさせる方法です。
この方法では肺の機能が元通りとまではいかなくとも、理論的にある程度の呼吸機能の回復は目指せます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 検査方法と費用

⇒ 治療について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
haisuisyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。