ここでは呼吸器の構造において、気管気管支について詳しく説明しています。

気管と気管支は肺と共に下気道と呼ばれ、呼吸器の中でも重要な役割を果たしている器官です。上気道が喉を境に喉頭までなのに対し、下気道は気管から始まります。
気管は成人でおよそ10センチほどの長さで、左右の肺に分かれる気管支までの細長い真っ直ぐな管です。


sponsored link




気管内部は粘膜で覆われていて、さらに繊毛が発達しています。これによって気管に入り込んだ異物を喉頭まで排出する流れを作り出しています。

気管支は気管と肺を結ぶ管で、胸部辺りで気管から枝分かれして左右の肺に繋がります。この気管支は、肺に入ると主気管支、葉気管支、区域気管支、亜区域気管支と細かく枝分かれしていきます。
この際およそ10回程の分岐を繰り返して肺胞に辿り着きます。

また、左右の気管支で若干大きさに違いがあります。ほとんどの場合、右気管支の方が左気管支より太く短いのが特徴的です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 上気道と下気道

⇒ 肺について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
haisuisyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。