ここでは肺水腫の検査方法と費用について、詳しく説明しています。

肺水腫の検査はどのような方法が行われるのでしょうか。
肺水腫の検査では、まず胸部の触診時に聴診器を当てると胸全体に渡ってゴロゴロという音が聴こえます。
またX線写真と共に胸部CTも撮影して、さらに詳細を検査します。


sponsored link




X線写真を造影すると、肺門部(はいもんぶ)を中心に、チョウが羽を広げたような陰影が広がっているのが見られ、この陰影をバタフライ・シャドウと呼びます。

血液ガス分析では、血液中に含まれる酸素や二酸化炭素の量、あるいはpH(水素イオン指数)を測定します。通常は動脈血を検査します。肺水腫の場合、この検査では低酸素血症が認められます。

検査費用は状況によって様々ですが、すべて保険適用だとした時の金額例を載せておきます。レントゲン検査は枚数にもよりますが1枚で800円程度、CT検査では3000〜5000円程度が目安となるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 治療について

⇒ 手術について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
haisuisyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。