ここでは肺水腫の原因について、詳しく説明しています。

肺水腫という病気は、様々な原因によって起こります。
その中でも特に多いのが、心臓弁膜症や心筋梗塞や高血圧症などの心臓の病気によるもので、血管内の血液量が増加することで肺内に血液の液体成分が染み出す肺うっ血を起こしてしまうものです。これを心原性肺水腫と呼びます。


sponsored link




また、心原性肺水腫以外の原因を非心原性肺水腫と呼び、代表的な病気が急性呼吸窮迫症候群(ARDS)という病気です。ARDSは極めて予後が悪く命に係わる重大な病気で、敗血症や重症肺炎や腎不全などを併発し死亡率も高い重篤な状態になります。
そして、体の内側に原因があるこれらを総称して内因性肺水腫と言います。

これに対し、外傷など体の外側からの原因によるものを外因性肺水腫と言います。これには有毒ガスの吸入によるもの、感電、胸部外傷による肺の毛細血管の損傷によるものなどがあります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 肺水腫とは

⇒ 症状について

⇒ 肺気腫とは



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
haisuisyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。